キャッシングは消費者金融

キャッシングに何回助けられたか

rainbow

主婦キャッシングでお金を借りた派遣社員の小幡〔仮名〕さんの体験談

友人は、交友関係が広く、様々な方を招いて飲み会を開いているようです。

私は派遣社員として働いているのですが、いつも同じ顔ぶれの方だけしか接する機会がないため、友人に頼んで飲み会に参加させてもらおうかと考えるようになりました。

ただ飲み会に参加するためには、お金も必要になってきます。

特に友人が主催する飲み会は、レストランを貸し切って行う為、ある程度の資金は必要です。

そこで、飲み会に参加するために銀行のカードローンで5万を用意することにしました。

気になったカードローンを事前にチェックしたうえで、郵送で申し込みを行ったのですが、審査結果についても郵送でお知らせしてもらえましたので、精神的なプレッシャーを感じることなくお金を借りられました。

主婦借り入れで5万円をおろして飲み会に参加したのですが、今まで出会う機会のない様々な方と話ができてよかったと思っています。

銀行というと敷居が高いように感じていたのですが、簡単にカードローンを利用できて驚いています。

流行りの服が欲しくてサラ金を使用した峯

ファッションは自己表現の方法であり、毎年季節ごとのその年流行の服を
購入しています。
会社の同僚たちも新しいバッグや服をたくさん持っており、毎日が
ファッションショーのようになっています。
今年も冬のコートが欲しいのでサラ金を利用して購入資金を借入しました。
大好きなブランドショップにキャッシングで借入れしたお金を持っていくと
とても気に入ったデザインのコートを見つけることが出来ました。
そのコートとコートに合わせるミュールやマフラーなども併せて購入して
キャッシングて借りたお金を使い切りました。
早速明日から出勤時に着て行って会社の同僚に自慢をしたいと
思います。
サラ金即日融資の借入れ金は次の季節にまた新しい服を購入する為に
今から生活を切り詰めて早期に完済する予定でいます。
今後も季節ごとに流行の服を購入することになるので
キャッシングを上手に利用して生活費をやりくりしていきたいと
考えています。
おしゃれはいくつになっても楽しめるので今後も続けていくつもりです。

カードローンで初めてお金を借りてみて

今日銀行の通帳を記帳してきました。
すると1行見覚えのない引落があります。
その引落の明細には利息と記載されていました。
すごく少額なのですが、なんなのかわからず、一生懸命過去の記憶をたぐりよせると、一つ思い当たる事柄が浮かびました。
先日、旅行に行ったのですがその旅先で予想以上の出費をしてしまい懐が寂しくなりました。
万が一の事を考えてもう少し現金を手元にもっておこうと、銀行のATMを探したのですが、近くで見つける事ができません。
代わりにカードローン会社のATMを見つけました。
そこで、ふと自分がもっているクレジットカードにカードローン機能がついていた事を思い出しそのカードで現金を引き出す事にしたのです。
初めてクレジットカードのカードローンでお金を借りたので利息等の不安があったのですが、少額を短期間借り入れするだけだから大丈夫ではと考えて利用したのでした。
その時の借入の利息が今回の謎の明細だったのです。
少額をすぐに返したからかもしれませんが、利息はほんのわずか。
銀行の祝日の引き出し手数料より安いではありませんか。
このような利用の仕方もできるのだと今回いい勉強になりました。

続かない私が続いていること

私の弱点・・・。それは家計簿が続かないこと。

結婚をして20年になりますが、歴代の家計簿は、みんな使い切られることなく、タンスのコヤシになっています。

PCソフトを使ってみたり、スマホのアプリで管理をしてもみたけど、数字を書き込むだけで、集計作業をしないから、結果的には家計管理には、あまり役立たない結果となりました。

でも主婦雑誌を見ていると、みなさんけっこうな貯金があるので驚きました。1000万円くらいの貯蓄を、10年以内くらいで作っているんですよ。

同じような家族構成とお給料で、こうも我が家と違うのか!と驚いてしまいました。

そんなに贅沢をしているつもりは、無いのだけどな~。いつも見切り品を探してしまうし、洋服だって、そんなに買ってはいません。バクチやゲーセンなんかにも行かないから無駄な出費は無いと思うんだけどな~。

そんな中。支出を「消費・投資・浪費」に分けるという、シンプルな管理方法を知りました。

さっそくやってみると、なんと浪費部門の「お菓子」が多いこと!

夫婦揃って、お菓子が好きなので、一か月を集計すると1万円近くも、お菓子を食べていたのです。

このお菓子を我慢すれば、ダイエットにもなるし、お金も節約できます。

次の目標は、家計と私のお腹の、スリム化計画ですね。